住宅ローンをいざ借りる時のつなぎ融資とは?

住宅ローンをいざ借りる時気になるのが金利ですよね。
ローン金利はだいたい大きく分けて固定金利・変動金利があります。
どっちを選ぶかはその人次第で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。
基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。
また、固定金利・変動金利、どっちを選ぶかによって審査が変わってくる。
といった事はなく、公平な審査の元で行われます。
どっちを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。
今後、マイホームの購入などでフラット35を検討している方は支払い方法としてボーナス払いを選択する前に注意が必要です。
まとまったお金が入った時に返済できれば、毎月の返す金額が軽くなるというメリットもあります。
でも今は、賞与が出ない会社も増えていますし年によって全く出ないなんて事もあるかもしれません。
そういう事もあって臨時収入を最初から返済にしている方は、ことのほか少ないという調査結果も出ています。
それでもまとめて返済をしたいという方は、繰上げ返済を利用してみてはいかがでしょうか。
今すぐにでなくても、いつかは住宅ローンを申し込む方は手続きのために必要な諸費用を細かく調べておくと良いでしょう。
一般的には、ローンの約1割程度だといわれています。
利息の安さに惹かれて申し込んでみたものの、実は事務手数料や保証料といった細かな金額を合わせてみたら、それほど変わらなかったという事もあります。
ですので、予想外に必要になる経費も合わせていくらになるか合計で計算することで、全体像が見えてきます。
分りやすく言うと、金利の安い銀行や手数料が無料のところでは意外なところで費用がかかる場合もあります。
住宅ローンと一言で言っても何種類もの商品があり、人気の会社の商品はどれなのかを知らない為に、選べずにいるという方がとても多いのです。
そのような場合にスペシャリストであるアドバイザーに相談し、ローンを組むという方法もありますが、有料のところが多いかも・・。
これ以外にもこれからずっと支払いをしなければならないので、有料の相談は受けたくないという方が大半です。
FPの資格を持ちながら仲介者として働く方も多いので、お金を払わなくてもプロの意見を聞くことが出来ます。
実際に利用している方の口コミなども参考に調べておかないとダメですね!!
フラット35つなぎ融資おすすめは?金利比較【楽天銀行どう?】