デイトレーダを始めたきっかけは?

デイトレードをはじめるきっかけは、書店で見つけた山本有花さんの本でした。
当時カリスマ主婦トレーダーとして人気のあった山本さんの本を読んでいくと、自分にもできそうという気がしてきました。
けれど、読めば読むほど、基本的な知識や考え方は持っておかないととんでもない目に遭うことが分かってきました。
彼女は決してラッキーなだけではありません。
デイトレードは長期投資と違って、日々の、しかも時間足で株価を見なければならず、やり始めてみてけっこうハラハラドキドキする部分も多々あります。
それでも、ランキングを見ながら予想しつつ買った株が上がって売れた時にはある種の達成感があり、余剰資金でやる分に関しては、経済の勉強にもなるのでやってみて損はないと思います。
ただし、すべて自己責任ですが。